何が悪いの竹野内豊のCMで議論
useful123
れてすげー泣いててさ、可哀相になっちゃったよ』とかなんとか。そんなの、自業自得だっつーの」
 やはりまだ終わっていない。擬似的な平和の上にふたりは辛うじてバランスを保っているようなものだ。係長はもう挑発には乗らないと約束してくれたけどやはり心配で、その旨をメールした。
nixon ブランド
《彼女たちに厳しいことを言ったのは後悔してない。切り捨てたと言われても構わない。実際そのとおりだしな。それで何を言われても何とも思わないから心配しなくていい》
 返信を読んで思った。『配慮の人』が見せるもう一つの顔。必要とあらばとことん辛辣にそして非情に振る舞う――冷静に計算をした上で。そういう人だから主任との衝突は本当ならあり得ないはずだったのに。
 メールには続きがあった。
《滝沢とは関わらないで。君のことに関しては自信がなくなるから》
 
 このまま何も起きなければいい。そう願いながらあまり気の進まない次の勝負の日を待っていた。
 
 
 二月二十五日。
 この日は朝から春一番が吹き荒れて、通勤中の髪やコートの裾をはためかせた。気温も上がりいよいよ春が出番の準備を始めたことを知る。
 警備員のおじさんに朝の挨拶をすると、ウキウキした表情が帽子の下で踊った。
「おはようさん。もうすぐ春だねえ」
 春が持つ魔力とでも言うのだろうか、心が浮き立つのを感じずにはいられないのだ。非常階段を上る足取りも今日はいつもより軽く感じる。
 もう少し暖かくなったらプランターに植える苗を買いに行きたいな。どの花がいいだろう。窓ガラスの掃除もしないといけないな。冬が残していった汚れを拭きとってピカピカに磨き上げたい。
 次から次へと春のプランが浮かんできて頭がいっぱいになり、視界の隅に何かを捉えたもののそれと認識したのは視覚ではなく聴覚だった。
「おはよう、越智さん」

 はっきりと視界に入るように視線を移動させると――そこには滝沢主任がいた。十階に至る踊り場の壁に寄り掛かって、微笑みを浮かべている。
「おはようございます、滝沢主任」
 挨拶を返した途端にもたげてくる警戒心。佐久間主任から言われていた言葉――滝沢には気をつけろ――を思い出す。
「一階のエントランスで見かけてね。本当に毎日階段上ってんだ。すごいなあ」
 少しずつ近づいてくる彼に心がざわざわと波打った。
「あの、何かご用ですか」 
「一度注意してあげた方がいいかと思って――瀬尾のこと。あんまり信用しない方がいいよ」
 親切そうに忠告を与えるのはボウリングの日と同じだ。何か根拠があるとでも言うのだろうか。確信的な目で語りかける彼に少なからず恐れを抱く。

「あいつ、見た目より腹黒いよ」
ニクソン ローダウン
 そう言い切った主任の声はひどく冷たく、おそらく彼らには単に同期のライバルという以上の深い相克があるのだろうと思わせた。係長は私をそれに関わらせまいとし、主任は巻き込もうとする。
 もうウンザリだ。そんなことを聞かされたって私は傷つかない。それを主任にはっきりとわからせてやろうと思った。
「知ってますよ。係長って腹黒で策士でその上辛辣ですよね。知ってます。だから何だっていうんですか」
 泰然として言い放つと、彼は驚いて一瞬怯むもののすぐに表情を元に戻す。
「でもあいつが営業部時代に何やってたかまでは知らないでしょ?」

――営業部時代。彼が入社一年目の頃。
「あの比嘉さんですら何回通っても契約取れない会社があったんだよ。なのに新入社員のあいつが二、三回通っただけで取ってきた。向こうの担当は女性部長。……これがどういうことかわかる?」
 侮蔑の色が濃い声音を耳にしながら、私は息苦しさを感じ始めていた。
「枕営業したんじゃないかって噂になってさ。ほら、あいつあのとおりの外見の持ち主だから。他にも新規で取ってきた契約、半分以上は女性が担当だった。あいつが一年で異動になったのってそのせいだよ。まずいでしょ、枕営業するヤツが大手を振って営業部にいたら」
 噂の的になる。中
http://www.tkn8.com

iPhone5c純正ケースの意外な使い方
useful123
?」
 私は無言でモニターを睨みつけると、意味もなくマウスを数回クリックした。そのせいで加工した画像の色が暗くなったのを見て、彼が意外そうな声を出す。
「あれ、何かちょっと怒ってる?」
 眉をひそめて私の顔をのぞき込む藤田さんの目は、心配半分興味半分と言ったところか。正社員契約を打診されて怒る理由など思い当たらないのだろう。

 私は心情を訴えることにした。彼ならきっと私の気持ちを分かってくれるはずだ。
プラダ バック
「部長、私にお寿司を奢(おご)ってくれるって言うんですよ」
「は?」
 藤田さんは目を瞬かせた。部長の話が予想とは違っていたからであろう。そりゃ、朝っぱらから部下を呼んで「寿司を奢る」なんて言う上司は普通いない。
 しかし話は寿司だけでは終わらなかったのだ。
「それに、焼肉もつけるって言うんです」
 瞬かせた目を今度は細めて、彼は無言で先を促した。寿司、焼肉と来てさすがに不審に思ったようだ。
「なんなら、しゃぶしゃぶも連れて行ってもいいって。だから、正社員になれって」
 話の行き着く先が見えてようやく腑に落ちた彼は、なるほど、とつぶやいた。これならば私の気持ちに同調してくれるに違いない。彼はとても優しい人なのだ。
「私のことなんだと思ってるんですかね、部長は? まるで食欲魔人みたいに! 食べ物さえ出せばなんとかなると思ってるところが、悔しいんですっ」
 私は部長に対する憤りをぶちまけた。しかしそれを聞いて藤田さんの口からぽつりと漏れたのは、部長への非難や私への慰めの言葉ではなかった。
「……正しい戦略だったと思うけどな」

 なんで藤田さんまで!


 私、越智美春(おちみはる)二十二歳。職業はWebデザイナー。PR会社H&GコミュニケーションズWEB事業部が現在の職場だ。派遣社員として働いて約半年になる。
 実は三ヶ月前の契約更新時にも同様に正社員契約を持ちかけられたのだが、とある理由によりお断りした。今回もまた首を縦に振らないと思ったのか、エサをちらつかせる作戦できたのだろう。
 確かに寿司――「回転寿司じゃないぞ」と部長は念を押した――には心が惹かれた。それは否定しない。だけど、更に焼肉だしゃぶしゃぶだと畳みかけられて、単純に私が喜ぶと思われていることが屈辱なのだ。
 ちょっと考えさせてください、と返事は保留してきた。考えたところで答えは決まっているような気もするのだが――――
「美春ちゃーん」
…………来た。
 正社員になる話をすんなりと受け入れられない原因が。
prada 財布

「今日も暑いねー。ほら、水ようかん持ってきたよー。一緒にお茶にしようかー」
 彼がこう言えば従うしかない。「いつもありがとうございます」と少々引きつった笑顔で、共に休憩室へ向かう。ちょうど良いレイアウトを思いついたところだったのに、作業は全て後回しだ、彼のお陰で。
「こんなに暑いと仕事やる気にならないんだよねー。でもビッチリスケジュール入れられちゃってさ、秘書の目を盗んで逃げ出してきたんだよ、美春ちゃんとお喋りしたくて」
 私の方こそ逃げ出したい。彼とお喋りしている時間がもったいない。
「疲れたときにはやっぱり甘いものだねー。この水ようかん、取引先の社長さんからもらったんだけどさ、美春ちゃんに食べてもらおうと思って冷やしといたんだよー」
 そんなに疲れているようには見えないぞ。水ようかんは美味しいけど。
 話を聞き流しながらじっと彼をうかがう。今回の正社員登用について一言でも言及しようものなら、部長の背後に彼がいることを確信できるのだが。
 何を考えているのか、はたまた何も考えていないのか、彼はどうでもよいお喋りを続けた――探しにきた秘書に連れ戻されるまで。



 行きつけの洋風居酒屋は、ところどころに配置された観葉植物が邪魔をして空席状況が分かりにくいのが特徴だ。それでも冷房が効きすぎない席をなんとか見つけて、とりあえず生ビールと料理をいくつか頼む。
 大きく広がったヤシの葉がぼんやり
http://www.zdyled.com

お買い物マラソン 後半戦
useful123
止まりきらず、狙いを逸らして男の肩に切っ先がめりこんでいた。二人が剣を抜いたのにはわけがある。死体と思っていた男が動き、ジェイク達に襲いかかろうとしたのだ。だが男の背は壁に鉤のようなもので縫い留められおり、襲いかかろうとするも動きは途中で妨げられたのである。そうでなければ、ドーラの剣は間違いなく男の首を落としていたであろう。ポーター 財布
 ジェイク、ドーラ共に驚いた顔で互いを見合わせた。



「ジェイク、なぜ止める?」
「そっちこそ、なぜ切りつけた?」
「突如としてこちらに襲いかかってきたら、当然の反応だ」
「俺は切り捨てるまでもないと思った。生きていれば助けるのは騎士の務めだ」
「甘いな。これが魔術的罠の要素を含んでいたらどうするんだ?」
「その時はその時だ」
「君って奴は」

 ドーラが呆れたようにジェイクを見たが、ドーラは切っ先に異様な感触を得て男を振り向いた。男は何事か口をぱくぱくさせながら二人に向かってこようとしているが、当然背中と、剣がめりこんでいる肩口には激痛を感じているはずである。だがそれをものともしないように、彼は突進を止めなかった。剣が肩口に深々と食い込み、血が流れようともこちらに向かってこようとしているのだ。瞳はこちらを見ることはできないのだ。まるで自らに刺さっている剣が頼りだとでもいわんばかりの動きであった。
 さしも冷静なドーラもおぞましさを感じたが、剣を抜くどころか、逆に手に力を込めて男の腕を切り飛ばした。男は勢い余って前に崩れて倒れ込み、ドーラはその隙にジェイクを下がらせることができた。男の背中、傷口から血が吹き出るが、男は苦痛に悶えながらもなおも前進しようとする。ヴィトン
 既にネリィは立て続けに起こった出来事に気を失いかけており、ラスカルが部屋の外に連れ出していた。ブルンズは腰を抜かしたように扉を背にその場にへたり込んでおり、ドーラとジェイクの二人も場のおぞましさに入り口付近まで後退していた。男がこちらにゆっくりと這いずって来るが、ジェイクは男の歯がない事に気が付いた。そして芋虫のように地面を這いずってきた男は、一つ前進するたびに、背中についた長さの違う鉤がもたらす激痛に身をよじったが、それでも前進を止めることはない。
 そしてついに背中の鉤が全て外れると、そこで男の前進は止められた。残った腕と足についた鎖が、男の前進を阻んだのである。ジェイクはようやく地面に置かれた食事の意味に気が付いた。

「鎖の長さ、食事にぎりぎり届かないようになっているのか」
「なんて悪趣味な。目の前に食事があっても食べられないように工夫されている」

 二人が嫌悪感を隠さない中、男はなおも前進しようとする。そして腐りかけた残りの手足が、嫌な音を発しながら伸びていく。部屋に残った3人はぎょっとした。

「おいまさか」
「嘘だろ」

 目を放すことができない3人の見守る中、男はなおも前進を止めず、ついに足の一本を進むに任せ自ら引きちぎった。元々腐りかけていたのだから千切れるのもやむなしかもしれないが、それでも男がもはや正気でない事はよくわかった。そして食事に到達するのに邪魔な手足も引きちぎると、男は文字通り芋虫のように食事に這いずり、食事にたかる薄気味悪い虫たちと同様にかぶりついた。虫たちが驚いて散り散りになり逃げだすが、そのうちの何体かは男の傷口に逃げ

http://www.zsjrzy.com

"オオカミバンド"マンウィズに疑惑
useful123
ラファティ。彼は割って入りざま、一瞬で魔物を八つ裂きにしてみせた。
 その斬撃はあまりに速く、何が起きたのかはジェイクですら視認が追いつかなかった。普段の手合わせではまだまだ手加減されていたことをジェイクは知り、ラファティの技量に悔し混じりの賛辞を内心で送らぜるをえなかった。omega スピードマスター
 ラファティは悠然とレイファンに振り返ると、そっと膝まづいて地面に身をかがめていたレイファンに手を差し伸べた。

「申し訳ございません、王女。救援が遅れましたことを心よりお詫び申し上げます」
「いえ。騎士殿のお心遣い、まことに嬉しく思います。それにこの小さき騎士が私の事を守ってくれましたから」

 レイファンには既におびえた様子はまるで見せず、毅然とした態度でラファティの言葉に応えた。その行動にラファティもまた普段通りの対応をする。そういったやり取りをこの瞬時に切り替えられることを、ジェイクは凄いと思うのだ。これが生まれながらの王族かと、ジェイクは王というものを初めて見た気がした。ジェイクもまた自然とそのたたずまいを正すのだった。
 ラファティがレイファンの手をとろうとした時、ジェイクは細切れにした魔物の死体がなくなっていることに気が付いた。直後、ジェイクはとうに折れた自分の剣の鞘を体の右側に差し出していた。なぜそうしたかは自分でもわからない。ただ、それがジェイクの生存本能だったのだろう。
 そして巨大な岩が衝突したごとき衝撃でジェイクは吹き飛んだ。もし鞘がミリアザールにより下賜された特別製でなければ、今頃ジェイクの頭は潰れたククスのように砕けていただろう。鞘は放射状に砕け、ジェイクはあまりの衝撃に意識が飛びそうになりながらも、必死に意識をつなぎ止めた。

「来るっ!」

 ジェイクは体をよじって何かを躱す仕草を取る。そしてジェイクの後ろにあった荷馬車が縦に切断され、続けてジェイクが体を逸らすと馬車は真一文字に切断された。その直後、ラファティがジェイクの吹きとんだ宙に向かって斬撃を高速で放つと、確かにその場所には手ごたえがあったのだ。何も無いはずの空間に、血の華が咲く。

「キャキャキャ!」オメガ アクアテラ
「こいつ保護色か!」

 ラファティ見たのは、周囲と同じ色の何か。耳障りな笑い声はそのままに大気と同じく透明になった魔物は、その輪郭だけがぼんやりと見えるだけにすぎない。だが、その透明な何かの向うにあるはずの光景は見えず、確かにそこには何かが存在している事を示していた。
 そして魔物は飛びずさり、周囲には召喚陣が浮かび上がる。通常より複雑で巨大な構成をした魔術の陣形は、それなりに巨大かつ知性の高い魔物が召喚される事を意味する。

「なるほど、こうやって後陣に突如として軍勢を出現させたか。それにしても、ここに来てこの魔物を繰りだすのか!」

 もはや相手は魔物ではない。召喚する魔物が多岐にわたる段階で、既に魔王と認定される。その魔王が召喚したのは、通常ギルドなら一体仕留めて5万ペンドは支払われるであろう魔物達。二つ首の巨人グランテス、頭が獅子で胴体が鰐、尾が蛇のヌエ、湿地に生息する酸を吐く7本脚の蛸に似た魔物ヘクトパス。いずれもギルドの討伐依頼が出るような魔物、魔獣達ばかりだった。
 先ほどまでとは明らかに違う軍勢を繰りだしてきた魔王に、ラファティはある確信をする。

「(この魔王、明らかに知性がある。後陣を狙い、奇襲をかけてきた。そしてレイファン王女を真っ先に狙うとは、危険極まりない魔王だ。こんなやつがここにいるのは偶然か? いや、それよりもこのクラスの魔王がもし黒の魔術師達の制作物で、


http://www.ir2e.com

「韓国グルメ」の意外なリスク
useful123
が羽は寒さに強く、多少の吹雪ではびくともしないのだ。
また国外においても頭上からの攻撃手段を持つローマンズランドは他国の侵略を度々行ったが、彼らは必要以上に国土を拡大しなかった、できなかった。作物の育ちにくい来たの土地では彼らの穀物生産能力には限界があり、大規模な戦をそう何度も行う事はできなかったのだ。また周辺諸国がそろって恭順を願い出たことでその野心はさらに発揮しにくい状況となった。もちろん裏ではアルネリア教が様々な手をまわしていた事も忘れてはなるまい。加えて、大陸自体が長らく続く戦乱のため厭戦気分に包まれていたのも大きかったかもしれない。エルメス コピー
 『巨獣は自らの重みで動けず』が、各国のローマンズランドに対する認識だったのだ。少なくとも、ローマンズランドの人間達でさえ、そう思うようになっていたのだ。ごく、最近までは。

「父上、父上はおられるか!?」

 赤く柔らかい絨毯の上を怒りもあらわに歩くのは、ローマンズランドの第二皇女アンネクローゼであった。衝撃を吸収するような素材で作られたはずの絨毯なのに、アンネクローゼの怒りはそれすら上回り、廊下に飾られた高価な花瓶を揺らして落としかねないばかりの勢いで歩いていた。廊下で彼女とすれ違う貴族達が平伏しながら、彼女が過ぎ去った後は互いに顔を見合わせるばかりだ。
 その彼女の斜め後ろをひょこひょこと付いて行く男がいる。

「姫様、姫様! どうか自重なさってくださいませ!」
「自重だと? 貴様が自重せぬか!」

 アンネクローゼが男の襟を掴んで壁に叩きつけた。女性とはいえ、大柄なアンネクローゼである。また竜騎士として軍で長年鍛えられた彼女だ。小男であるその者を壁に片手で叩きつけるくらいは楽なものだった。だがその剣幕にとばっちりを受けてはならぬと、周囲の者は我先にと逃げ出した。男もまた、アンネクローゼの鬼の様な形相にぶるぶると震えている。hermes 財布

「お、落ち着いてくださいませ。どうか、どうか平にご容赦を」
「くどい! 貴様ごとき木端が私に意見するか。父上に取入って出世しただけの能無しが!!」
「そ、それはあまりなお言葉」

 アンネクローゼが酷薄な言葉と共に壁に叩きつけた男は、彼女の手から解放されると懐から取り出した手拭いで冷や汗を吹き取った。見れば使い古した手拭いだ。普段からよっぽど冷や汗をかくのだろうか。
 だが男は再びアンネクローゼの後を追い始めた。その男をきっと睨むアンネクローゼ。

「まだついてくるのか!?」
「は、はい。恐れながら、ただ今お父上国王様は体調がすぐれておられませぬ。今は王専用の一画に閉じこもり、わずかな案件の処理と、養生に務められるのがなによりかと」
「養生だと? ふざけるな!!」

 今度こそアンネクローゼは本気で激怒した。男、名前はヴォッフというが、彼が宙に舞わんばかりの勢いで殴りつけたのだ。

「養生などと、どの口でほざくか! 貴様、私が知っておらぬと思うのか? 王の一画では夜な夜な宴が催され、連日連夜贅を凝らした食べ物と、国中からかき集めた女どもと、また無用な高級な丁度が運び込まれている。王宮の外に聞こえるほどの乱痴気騒ぎを起こしておいて、どこが養生だ! それに、不摂生の総額たるや、この一年で十年の王宮全体の総支出より多いのだぞ? この額が財政を圧迫し、月ごとに民にはさらに重い税がかけられることになった。それに加え、最近王の一画から出てくる法案となれば、民にさらなる税を課すものばかり。どんな思いで我々がそれを処理していると」

 アンネクローゼはここ一年の軍務や会議を思いだし、思わず情け.

http://www.shmtst.com

iPhone5Sゴールド 中国で人気
useful123
った。
ニクソン 腕時計 ゴールド

 ハウゼンはさらに語る。

「当時私は22歳。アルドリュースは23だったはずだ。対して我が国の姫、ミューゼ殿下は当時まだ10歳。社交場に顔見せを果たしたばかりだった。
 こう言ってはなんだが、現在の王女であるミューゼ殿下の印象は、当時は随分と違っていてね。今の人が伝え聞くミューゼ殿下の話とは随分違うかもしれない」
「え、どういうこと?」

 世間知らずのアルフィリースがミューゼの事など知るはずもなく、アルフィリースはターシャに話を聞いた。

「ミューゼ王女は、東の国でも最も優雅な貴婦人として知られる方よ。その容姿、物腰、態度。全てが東の女性の貴族の手本とされるほどの女性だと聞いたことがあるわ」
「ふ~ん、そんな人なら会ってみたいなぁ」
「希望ならば、引き合わせても構わないよ」

 ハウゼンが楽しそうに提案したので、アルフィリース以上にターシャが素っ頓狂な声を上げた。

「え、ええ!? それはいくらなんでも無理なんじゃ」
「いやいや、私とミューゼ殿下はこう言っては何だが、非常に仲の良い友人でね。それに対外的な顔とは別に、あの方は非常に気さくな方だ。むしろそちらが本当のあの方だと言ってもいい。それにアルドリュースの希望でもある」
「?」

 首をかしげるアルフィリースに、ハウゼンはまたしても悪戯っぽく笑いながら、話を続けた。nixon 通販

「話を戻そう。当時のミューゼ殿下は非常なじゃじゃ馬でね。容姿もまだそれほどでもなかったし、こっそり社交場を抜け出そうとしていたのさ。まあ大人の貴族達が飲み食いして踊るのを壇上から見ていても、何も楽しくはないだろうからね。それにミューゼ殿下は当時踊りがとても下手だった」
「よくご存知ですね」
「アルドリュースが調べていたからね。そのために彼は、王女の侍女を一人口説き落としている」

 彼の言葉にアルフィリースは目を丸くしたが、その反応が意外だったのか、今度はハウゼンが質問をした。

「意外かい?」
「え、ええ。師匠は真面目一辺倒の人間だと思っていたので」
「君の前ではそうだったのだろうね。だけど、アルドリュースは決して清廉潔白でも、真面目だったわけでもない。こう言うと君は気分を害するかもしれないが、彼は目的のためなら手段を選ばない男だった。一つ間違えば、悪党とも言われただろう。私ですら、時に彼の考えを聞いていて恐ろしくなることがあった。私は彼に心酔していたにも関わらず、ね。だからこそ、アルドリュースもまた私の前では多少油断していたのかもしれないが、決して彼はその心底まで私に語ることはなかったよ」

 その言葉と共に果実酒をあおるハウゼンを見て、グウェンドルフも同じような言葉を発していたことをアルフィリースは思いだした。自分もまた、師匠であるアルドリュースの全てを知っていたわけではないのだと。全てを知っていたのはあるいは、アルフィリースの中に響く声の主なのかもしれない。

「(あの男、私に気があったのよ?)」

 あの声の主は何を知っていたのか気にかかったが、そんなアルフィリースの思惑とは裏腹にハウゼンの話は続けられた。

「さて、話の続きだ。アルドリュースはミューゼ殿下の事を調べ上げた上で、彼女がそわそわしていることを見抜いていた。そして、彼女が社交場を抜け出しやすいように準備したのさ。そして中庭で一人うろつく殿下を待ち伏せ、彼は殿下と二人きりになることに成功した」
http://www.tsa3.com

W杯より教育を FIFA視察団に罵声
useful123
うにしていたが、真竜の行動を縛り付けることができるはずもなく。またどうあったとしてもグウェンドルフが自分の信念に基づいて行動することを、アルフィリースも知っていた。miumiu

「私は去るけど、代わりにマイアがこの場に残ってくれるそうだ。イルマタルの件もあるし、少し人間の世界の様子を見たいらしい」
「本来の私は『天空竜』の異名通り、空高くから大地の営みを見るのが役目なのだけれどもたまには人間の中で世界を見てみたくもあるの。それに目を離すと、ラキアも何をしでかすかわからないですから」
「いててっ」

 マイアがラキアの耳を引っ張りながら説明をする。ラキアもまたこっそりとアルネリアを抜け出そうとしたらしく、マイアにいち早く気づかれて大変な目にあったようだった。
ラキアは真竜の中でも変化の術に特に秀でているらしく、実に様々な姿に幻身できるそうだ。人はもちろん、小動物や果ては虫にまで。その力を使ってアルネリアに入って来たらしい。マイアの方は正面から堂々と「魅了(チャーム)」の術を使って門番に通過を許可させたそうだが、それを堂々と話されてもなんだかな、とアルフィリースは思うのだった。
 そして重要な点はもう一つ。これは実はマイアから申し出られたことである。

「アルフィリース、ラキアを預かる気はない?」
「はい?」

 アルフィリースも突然の申し出に驚いたわけだが、どうやらマイアは大人びた外見とは裏腹に感情的で、同時にいたずらっ子でお転婆でもあり、グウェンドルフも散々手を焼いているらしい。真竜としての自覚こそあるものの、あの姉にしてあの姪ありと思わせるだけのことをマイアもしてきたそうだ。
 そんな彼女だからこそ、実に突拍子もない申し出をアルフィリースにしたのだった。まさか真竜を預かれと言われるとは、さしものアルフィリースの想像力も届かなかった。

「えーとそれはどういう」
「ラキアのことなんだけどね。あの子ったらまだ1000年も生きてないし、やっぱり真竜としての自覚を持ちなさいなんて、少し早いかもしれないの。それに誰に似たのか、あの子ったらお転婆でしょう?」
「」財布 ランキング

 どの口でそれを言うかとアルフィリースは思ったが、そこはぐっとこらえる。だが構わずマイアは続けた。

「だから縛り付けすぎるより、ある程度自由にさせてあげるのもいいいかと思うの。お試しに人間の中で暮らすなんてどうかなー、なんて。実は私も人間の中で生活したことがあるし、人間と恋人の真似事をしたこともあるわ。あ、グウェン兄さんやラキア、それに旦那にも内緒ね?」
「そ、それはいいけど。本当にいいの? 私は嬉しいけど」
「そうね。傭兵団の頭数として数えられるのはさすがにどうかと思うけど、居候という形でなら。遠慮なくこき使ってもらって結構よ」
「じゃあお言葉に甘えて、遠慮なくこき使うわ」

 アルフィリースがいい玩具をもらったという少女のごとき顔をしたので、さしものマイアもちょっと不安を覚えたが、それはそれでラキアの薬になるかと思うのだった。
 そしてさっそくラキアの元に向かうアルフィリース。

「ラキア、ちょっといいかしら?」
「何よ」
「あなた、私達の傭兵団の中で生活する気はない? もっとも戦争に参加しろとか、傭兵としての任務をこなせなんて言わないから。あ、これはマイアの提案よ?」
「まあ衣食住に困らないのはいいことだけど」

 すっかり姉不審になったラキアが、アルフィリースをうさん臭そうに見つめる。

「で、交換条件は何?」
「お、話が早くていいわね」
「いいから早く話しなさいよ」

 少しぶすっとするラキアに

http://www.qjuyan.com

コンプレックスを隠す服選びの方法
useful123
った」
「へえ。アンタ、魔法剣士か」

 ロゼッタが口笛混じりにアルフィリースを見る。そのアルフィリースの肩をミランダが叩く。

「アルフィ、何やってんの? 逃げるよ!」
「ううん、そうもいかないみたい」財布 通販 レディース
「?」

 アルフィリースが指さした先には、リサを連れた他のメンバーが村の中に入って来ていたのだった。

***

「じゃあ外にもトカゲが出たの?」
「ええ、それで村の中に逃げてきたのです」
「全く、どうなってんだか」

 ラーナいわく、アルフィリース達が村に入ってから間もなくして、熱にうなされるリサが危険の襲来を告げたらしい。それでエメラルドが空から周囲を警戒していた所、こちらに猛スピードで走りくるトカゲの群れを見たのだった。エメラルドが空から見つけていなければ、とても逃げるのは間に合わなかっただろうとのことだった。

「群れ?」
「はい。エメラルドは50匹以上を見たと言っていました」
「でも村には10匹程度しかいなかったわ」
「まさか斥候だとでも? トカゲにそんな知能があるわけが」
「そのまさかなのさ」

 酒場兼宿屋で、リサを寝かした後その場で話しこんでいたアルフィリース達の部屋に、ロゼッタがノックも無しに入ってきた。無遠慮な態度にアルフィリース達は眉を顰めるも、この部屋はリサの様子を見たロゼッタが確保してくれたものなのでおおっぴらに文句は言えない。
 ロゼッタは椅子を一つ自分用に取り上げると、背もたれを前にして座る。

「あのトカゲ共は見た目に反して知能が高い。斥候くらいはやるだろうね」
「本当に?」
「嘘言ってどうするのさ」

 ロゼッタが少しむっとした目で反論する。

「こんなしちめんどくさい依頼とわかってたなら、受けるつもりはなかったんだけどねぇ」
「どういうこと?」

 ロゼッタの不満に、アルフィリースが聞き返した。coach 財布 新作

「アタイは雇われなのさ。今回の依頼はあのトカゲの捕獲だった。アタイ達はそのために集められたが、アタイが一番歴戦だから体長を任せられてね。まあこのガーシュロンはアタイが中心になって動く場所だから、やりやすいってのもあるけど。
 それでもあんなトカゲは初めて見たのさ。ギルドの情報によると、とても長い周期で冬眠と活動を繰り返す魔獣の様でね。以前暴れたのはアタイが生まれる前だってさ。それでも被害が大きすぎるから、トカゲの生態を調べるために捕獲してくれって領主が頼んできたんだよ」
「なるほど、それで今回のような装備だと」
「御名答。アンタ達もアタイ達の装備を見たとは思うけど、網や鷹手もやつらを捕獲するためにしつらえた装備というわけさ。んで、無事一匹を捕獲して引き渡したはいいが、その後気を抜いたのがまずかった」
「何があったの?」
「この村でトカゲの引き渡しをこの村で指定され、引き渡しまでは上手くいったが、その時にはこの村はすっかり囲まれてたのさ。逃げようとするたびあいつらが現れやがる。捕まえたトカゲがずっと甲高い声を発していたのにもっと気を使うべきだった。助けを求める声だったんだね、アレは」

 ロゼッタが頬杖をつきながらぼやく。そんな彼女を見て、アルフィリースは質問するのだ。

「それからこの村に立て籠っているわけ?」
「まあね。もう一月か」
「それであなたは村人達に乱暴する部下を、見て見ぬふりってこと?」

 アルフィリースに指摘に、ロゼッタがじろりとにらみ返す。


http://www.kusyx.com

選手選ぶ最優秀投手 ダル候補に
useful123
しそうだってこの子が心配しているわ。毎日熱心に訓練するのはいいけど、時には休んでしっかり治せって言ってるわよ」
「なっ」
「それからそこのあなた!」omega 時計

 アルフィリースがさらに別の竜を撫でながら、また別の竜騎士を指さす。

「この子の乗り手は貴方ね? この子が文句を言っているわ。竜小屋に女を連れ込むのはやめろってね。お前の相棒はだらしないと、他の竜の手前肩身が狭くてしょうがないとこの子が言っているわ。いつも他の竜に文句を言われる身にもなってみろって」
「は!?」
「お前、そんなことしてたのか」

 思わず隣にいた竜騎士が呆れた。指摘された竜騎士は弁解しようと非常にうろたえているが、女竜騎士がぴしゃりと質問した。

「2人とも、事実か?」
「は、いえ、その」
「はっきり答えよ!」
「「は、相違ございません!」」

 2人とも事実だと認める。その言葉を聞いて女竜騎士は考え込んだが、アルフィリースは呆れかえっているようだ。

「足りないなら全員分乗り手を指摘して、この子達の愚痴を聞かせましょうか?」
「いや、それには及ばん。貴様の言葉を信頼しよう」

 女竜騎士がアルフィリースの事を認めたちょうどその時、先ほどの竜騎士がラーナとユーティを連れて戻ってくる。妖精であるユーティを見て一同が驚くが、アルフィリースはそんなことにかかずらっている暇はなかった。

「アルフィ、どうしたの?」
「ユーティ、このドーチェって子を診てあげて欲しいの。お腹の調子が悪いみたい」
「なるほど、これは良くないわね。ちょっと待って」

 ユーティがすかさずドーチェのお腹の上に飛び乗り、魔術で体液の循環を調べ始める。それを心配そうに見つめるアルフィリースと女竜騎士。やがてぼうっと光っていたユーティの体の光が消えた。

「どう?」
「お腹の中に変な虫がいるわ。大きな生き物は大抵体の中に掃除用の虫を飼っていたりするものだけど、これはそういう類いの虫じゃないわね。寄生虫って奴かしら」
「寄生虫?」
「ええ、宿主の体から養分なんかを吸い取って生きる生物の事よ。宿主には大迷惑」
「どうすればいい?」

 女竜騎士が心配そうにユーティに尋ねる。omega レディース

「本来なら虫下しなんかを飲ませるけど、寄生虫が大きすぎるわ。それに今からじゃ間に合わない。もって朝までよ」
「ならどうする?」
「腹を開いて取り出すのみよ」

 ユーティが凄い事を言ったが、その顔は真剣そのものだった。女竜騎士が思わず唾を飲み込む音が聞こえる。

「腹を裂くと?」
「そういうこと。今ならまだ間に合うかもしれないわ」
「どうするかは貴方の判断に任せるけど、やるなら早い方がいい。私達がやるわ」
「ううう」

 女竜騎士は下を向いて唸り声を上げている。それはそうだろう、今まで自分が犯罪者としてとらえようとした相手に、自分の親友を託すのだから。だが他に選択肢はなかった。

「わかった、やってくれ」
「引き受けましょう。ただしこちらも条件があるわ」
「なんだ?」
「上手くいったら私達を見逃してもらうわよ?」
「何だと!?」

 女竜騎士がかっと目を見開く。

「無理だと言ったら?」
「朝までにこの子は死ぬわ。そして私達は貴方達を叩きのめしてこの町を去る。それはお互いにとって、良くない結末だと思わない?」
「私達を叩きのめす? そんなことができると」
「できるわ」
http://www.ib38.com
 アルフィリースが女竜騎士の言葉を遮るように言い放ち、その体からはざわりと殺気が立ち上る。それはアルフィリースが本気だということを示していた。
 今までの雰囲気とは打って変わったアルフ

ベイル 左太もも違和感で精密検査
useful123
術師は戦士タイプの者とパーティーを組むことが多いが、もし一人で戦うことを想定するなら、格闘を鍛えるのは道理。俺は何も格闘戦に限らず、剣技、槍技、斧技、鞭技何でもこなす。雑多な分、どれも一流とは言い難いかも知れんがな」
「よく言うわ」時計 楽天 casio f91

 エアリアルを真っ向勝負で退ける技量の、どこが一流でないというのか。もっとも、ライフレスがエアリアルの打撃ではダメージを負わないからこその芸当なのかもしれない。
 そして地面に這いつくばるアルフィリースは後回しにし、ミランダに向き直るライフレス。

「さて、もう一度聞こうか。女、名前を名乗れ」
「誰が言うか!」

 ミランダは首を絞められながらも懸命に抵抗する。ライフレスがその気になれば、ミランダのか細い首くらい一瞬で折られることは百も承知だが、その程度で本名を喋る程ミランダもやわではない。というより、本名の重要性を考えれば自分の存在に変えても名乗るわけにはいかなかった。
 だがそんなミランダを見て、ライフレスは少し困ったような表情をする。

「強引に魔術で吐かせてもよいのだが俺は余りその手の魔術は得意ではないし、何の準備も無い状態では、思ったような事を聞き出せるかどうかわからんしな。だが貴様は痛みにも強そうだ。さて、どうするか」
「何をされても絶対言わない!」
「なるほど。これでもか?」

 ライフレスが足元で横たわっていたエアリアルの右腕を踏み抜いた。ゴキリ、と嫌な音がして、エアリアルの腕が折れ、声にならない悲鳴を上げるエアリアル。

「ぐああ、う」
「何をする!」

 ミランダが悲痛な叫び声を上げる。

「さて、取引だ。お前が素直に吐けばこいつらの命は保証しよう。だが喋らなければ」

 ライフレスがエアリアルの左腕を踏みつけ、今度は徐々に体重をかけていく。メキメキと嫌な音が響き、エアリアルの額から脂汗が滲み出る。またエアリアルが悲鳴一つ上げようとしないことが、逆にミランダの心を折った。

「ワースだ」
「何?」
「ミランダ、言ってはダメ!」

 アルフィリースが叫ぶが、ミランダは既に腹を決めていた。

「私の名字はレイベンワースだ!」
「なんと」

 ライフレスがその目を見開く。そして感慨深げにミランダの顔をまじまじと見る。その様子を不審がるミランダ。カシオ protrek セイコー 株

「知ってるのか?」
「当然だ。薬師の一族として、奴らを知らぬ者は当時いなかったろう。回復魔術が普及しておらぬ時代、奴らの薬は非常に貴重だったからな。各国の指導者、果ては魔王までが奴らの作る薬を欲した。特に、エリクサーは秀逸だったな。俺もお前達の一族とは親交があったしな」
「なんだって?」

 今度はミランダの目が見開かれる。その事実をさも当然のように語るライフレス。

「当然だろう? 俺は当時英雄王と呼ばれるほどの権力者だった。むしろ奴らの方から売り込みに来たよ。俺が王になる前は門前払いにしたくせにな。なかなか狡(こす)い一族だった」
「馬鹿にしているのか!?」

 激昂するミランダ。

「いやいや、むしろ褒めているんだ。魔王とまで取引することで、奴らは一族の存亡と繁栄を図った。中々に上手い手だ。全滅したと聞いて、非常に残念だったよ」
「お前がやったんじゃないのか!?」

 ライフレスを睨みつけるミランダに、ライフレスはかぶりを振った。

「残念だが俺ではない。むしろそんなことをするイカれた奴が誰かは、俺も知りたい所だ。魔王達ですら不思議がっていたよ。レイベンワースの一族を殺して得する奴が、どこかにいるとは思えんのだがな」
「」

 黙るミランダを見て、ライ

blackest-watcheducatejp.com

You are viewing useful123